menu instagram Hatsudo
close
トキメキポスト

連載|すこし、遠回りをしていくから

vol.9 - 暮らしの温度 -〈勝呂亮伍〉

クリスマスに風邪をひいてしまった。

熱を出すなんて何年ぶりだろう。
ひとり暮らしをしてから初めてな気がする。

ひとり暮らしの風邪は心細い、という話を聞いていたが、悪寒と頭痛でそんなことを考えている余裕はなかった。
溜まっていく予定と洗濯物たちを横目に、熱が下がることを祈りながらひたすらに眠る。

なんとか動けるようになったタイミングで連絡を何件か返す。
日曜日に母が東京に来るとのことだった。
風邪をうつしてはいけないので、自宅には寄らずに帰ってもらうことにした。2月末に開催する写真展やこれからの制作についてなど考えたいことが山ほどあるなかで、とりあえず休むために再び眠りについた。

朝になり、部屋の中からガサゴソと物音がして薄目を開ける。寄らないと言っていた母がどうやら様子を見に来たようだ。
ありがたい気持ちと話せない状態なのに根掘り葉掘り聞かれて、あまりにもしんどいので早々に帰ってもらった。
母は少し怒っていた。
が、扁桃腺も腫れ、熱も続いている状態でいつものように接しろというのは流石に無理がある。私は横になって寝ていたいのだ。

夕方になって目が覚めると、テーブルには子どもの頃によく食べていたバームクーヘンが置かれていて、冷凍庫にはクリスマス用のチキンが入っていて、少し笑った。
いくらクリスマスだからと言ったって、風邪をひいているときに食べるには無理があるでしょう。つくづく不器用だな、と思いながら短い感謝の連絡をした。

実家に帰ったら、できるだけ優しく接しようと思う。

SHERE

instagram

PROFILE

写真家

勝呂亮伍

1994年、神奈川県横浜市 生まれ。明治学院大学文学部芸術学科 卒業。第55回キヤノンフォトコンテスト アンダー30 ゴールド賞 受賞。 https://ryogosuguro.com/


連載 その他の記事

連載 その他の記事
連載|すこし、遠回りをしていくから

連載|すこし、遠回りをしていくから


新着記事

新着記事
在りし日のこと『5月4日』〈髙田和寛〉

在りし日のこと『5月4日』〈髙田和寛〉

在りし日のこと『1月27日』〈髙田和寛〉

在りし日のこと『1月27日』〈髙田和寛〉

vol.14 -ひとつの魔法-〈勝呂亮伍〉

vol.14 -ひとつの魔法-〈勝呂亮伍〉

 日々『Spring sun』〈佐藤麻美〉

 日々『Spring sun』〈佐藤麻美〉

vol.13 - 旅の途上 -〈勝呂亮伍〉

vol.13 - 旅の途上 -〈勝呂亮伍〉

 日々『Good old』〈佐藤麻美〉

 日々『Good old』〈佐藤麻美〉

TOP トキメキポスト vol.9 - 暮らしの温度 -〈勝呂亮伍〉